金ちゃんの紙芝居が本になりました。
戦後間もない頃、小学生だったボクは父と母と弟、それに赤犬のマルと朝霞の駅前に住んでいました。
ボクの家は今でいうラブホテルをしていて、アメリカ兵や娼婦達が大勢出入りしていました。
ボクは今、金ちゃんと呼ばれ、その頃のことを紙芝居にしています。
金ちゃんの紙芝居から生まれた「金ちゃんの少年時代」には朝霞の人々や町のことが、絵と文章でいきいきと映し出されてます。
あの頃の朝霞にタイムスリップしてみませんか?

B5サイズ 絵と文 田中利夫
¥1,000-(税抜き)

2017年6月23日朝日新聞に紹介されました
戦後間もない頃の朝霞の紙芝居が絵本に
朝日新聞_紙芝居が絵本に20170623971

「金ちゃんの少年時代」は7月7日からAmazonとジーズバンクで販売予定です。
ジーズバンクで予約受付中。
電話、03-3444-9237 担当石塚

amazon

チラシのPDFはこちらからどうぞ。

出版記念原画展示会
2017年7月16日 朝霞市公民館で開催します。
サイン会チラシ

本の予約お問合わせ

お問い合せ内容を確認次第、翌営業日中にご返答いたしますので、
しばらくお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。