「金ちゃんの少年時代」出版記念原画展

7月16日(日)に「金ちゃんの少年時代」の出版記念原画展を朝霞市中央公民館にて開催し、多くの方にご来場いただきありがとうございました。原画展会場では、著者の金ちゃんこと田中利夫さんの紙芝居もあり大盛況でした。「金ちゃんの少年時代」の販売も順調で、著者もスタッフも皆様のお陰と感謝しています。また機会がありましたら、原画展と紙芝居の場を持ちたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

原画の貸出や掲載、原画展の開催などについては、以下のお問合わせボタンにて送信くださいますようにお願いいたします。

動画でもご覧いただけます

日時 2017年7月16日 (日曜日)13:00〜15:30
会場 朝霞市中央公民館集会室 1階 朝霞市青葉台1-7-26

サイン会チラシ

市民が集めた朝霞のミニ歴史展

日時 2017年2月22日(水曜日)11:00〜16:30
会場 朝霞市立図書館 視聴覚室 朝霞市青葉台1-7-26

戦前の朝霞には「朝霞ゴルフ場」「朝霞大仏のあっ た根津公園」がありましたが、昭和16年陸軍に強制買収されて「陸軍予科士官学校」となり、同時に「陸 軍被服廠」も移転してきました。終戦後、それらはGHQ に接収されてキャンプ・ドレイク(米軍基地)とな り、ベトナム戦争の頃まで存続しました。その米軍基地(跡地)に関する資料と、その激動の 時代を生き抜いた方々の証言とを、『展示』と『講演』 で皆様にお伝えします。

展示会
11:00〜16:30
東京ゴルフ倶楽部朝霞コース、 陸軍被服廠、陸軍予科士官学校、 根津公園、朝霞大仏、キャンプ・ ドレイクに関するパネル。 根津嘉一郎書状、朝香宮銀杯、軍 服、絵葉書、実逓便、グリーティン グカード、地図などの現物資料。

講演会
13:30〜16:00
(子供時代の経験.記憶.資料など)
1)『増田屋旅館』の思い出……増田 誉
2)『陸軍被服廠』と『引込み線』……近藤 光則
3)『金ちゃんの紙芝居』上映会……田中 利夫

主催 市基地跡地の歴史研究会 電話:048(456)2378 西森

poster

第11回平和のための戦争展

子どもたちの未来に平和のくらしを
開催日程 2016年8月27土~29月
開催時間 am9:30~pm17:00
場所 朝霞市立図書館 集会場・視聴覚室・和室
Asaka-tosyokan

パネル展示
満蒙開拓団、南満州鉄道など満州国の歴史。学徒勤労動員、学童疎開、戦前の暮らしなど。
戦中の資料・物品展示
三八式歩兵銃、砲弾、焼夷弾軍隊手牒、出征旗、慰問袋、千人針、衣料切符、教科書など。協力:昭和館、檜山平和ミュージアム
戦争体験講演会
8月28日(日) 13:30~15:30 視聴覚室
「証言 中国残留孤児が語る ~この生あるは~」
中島幼八さん。
昭和18年1歳の時、満蒙開拓団の一員として満州に渡る。終戦後14年間中国人養父母に育てられる。昭和33年帰国。日中友好協会本部事務局に勤務のかたわら、交流活動の通訳として活動し、日中国交回復運動に力を注ぐ。
著書「この生あるは ~一中国残留孤児がつづる~」(亜東書店)。
読み聞かせ
8月29日(月)随時
絵本ふれあい・紙芝居など。親子連れでどうぞ。

第10回平和のための戦争展

戦後70年、あらためて戦争を考える。被害者として、加害者として

開催日程 2015年8月21金~23日
開催時間 am9:30~pm18:00
最終日 pm17:00終了
場所 朝霞市立図書館 集会場・視聴覚室・和室
Asaka-tosyokan

講演
8月22日(土)pm13:30~朝霞在住者による戦争体験リレートーク

竹と紙で作った張りぼて飛行機
宮崎県の中学校では先生の指示で男子生徒は山から竹を切り出し、それで大きな籠を作りました。女生徒はそれに紙を張り付けました。
大きな竹の張りぼては何だか判らないが校庭に並べされました。あとで判ったことは米軍から日本の戦闘機に見えるように作ったことを。
宮戸・立山さん

私の戦争体験小学生で勤労奉仕
1929年生まれの86才ですが、宮城県松島の郊外に生まれました。
昭和13年ごろだったか海に近い田んぼに飛行場を作る事になりました。今の航空自衛隊松島基地ですが、私たちの小学校はすぐそばでした。その頃はもう大人がいないので男も女もなく小学生なのに飛行場作りを手伝わされました。
山から土砂を運び出して滑走路を作るのです。小さなトロッコに土砂を積み私たちが押して運びました。また「たがら」という背負子を夜に自宅で蔦で編み肩に掛かる部分だけ布で作りました。それを背中に背負い土砂を入れて貰い建設現場に着くと背中の「たがら」をヒョイと傾けて土砂を下しました。
もうその頃は日本軍には飛行機はすでになく、終戦が近づいた頃には大空襲を受け、ベニヤ板で出来た飛行機は木の葉で偽装していたが、米軍機からの爆弾が落ちるたびに飛び上がりベニヤ板の飛行機は穴だらけになっていた。(朝志ヶ丘・吉田)
朝志ヶ丘・佐藤さん

全てが燃え尽きた下町
私は小学校の3年生で自宅はお米屋さでした。8月13日でした、B29が来て焼夷弾を沢山落としてきました。墨田区の堤通りの自宅近くに防空壕がありました、畳3畳くらいの小さなもので、子供の私の頭がぶつからない程の深さでした。父母と私たち兄弟と近所の方と身を寄せ合って隠れていました。母は時々生活に必要な物を取りに自宅に戻りました。
焼夷弾は上からキラキラと光って落ちてきますが爆弾の様に大きな音はしません。落ちると周りの家が全て燃えました。私は怖くて怖くて外に出たのですが、見わたすかぎりの家が燃えつきていました。勿論自宅も焼けて亡くなり仕方なく遠くない所のお寺で野宿をしました、水も食べ物もありません、近所の方がおにぎりをくれたのですがそれが凄く美味しかったことを覚えています。通りには男も女も衣類が半分燃えたりすすけた格好で歩いている人が沢山いました。焼け出されたのですが何処に行くのでしょう
朝志ヶ丘・吉田さん

市民が集めた朝霞の歴史展


市民が集めた朝霞の歴史展  2014 年2月8日(土)~2月16日(日)

←チラシPDFをダウンロード
期間2014 年2月8日(土)~ 2月16日(日)
時間9 時~18 時 ※2 月8日は13時開場
2月16日は15時閉場
会場
朝霞市中央公民館
期間中イベント
① 証言者トークセッション:
第1回:2 月 9 日(日)13 時 30 分
第2回:2 月 15 日(土)13 時 30 分
②当時の光景がよみがえる紙芝居:下記日程の 13 時、15 時開催
2 月 8 日、11 日、12 日、13 日、14 日、16 日(16 日は 13 時のみ
③映像「キャンプドレイクがあった頃」上映:紙芝居と同時上映
※2 月 10 日(月)は、中央公民館が休館のため、展示会もお休みします。
※紙芝居は、参加人数によっては開催しない場合があります。