しゅうしゃん ぼおい

駅前の馬頭観世音と並んで靴磨きの少年が座った。
客はアメリカ兵とハイヒールを履くことの出来た娼婦のお姉さん。
少年は こうちゃん。浅草生まれ、戦災孤児、と知ったのは母に言われ「三時だよ」とおむすびや九助、
もしくは久助と書いたクズ煎餅を届けてのこと。
こうちゃんはヤサグレと言ったが池袋の香具師の親分から道具一式を持たされでてくる香具師見習いらしかつた。
同じ浅草生まれの母はこうちゃんを気にかけ家にも誘ったが一度も寄ってくれることはなかった。
ある日「君にあげるよ」彼は東京の言葉で肉厚の丸めんをたくさんくれた。
これは朝霞では売ってない東京の丸めんでぼくも母に連れられ浅草の仲見世で手に入れたが、
少し高値でもったいなく勝負には出せなかった。
三原色の武者絵がおもで特に赤色の勝った彩色は天然痘除けの呪いだときいた。
母はこうちゃんの宝物に違いないから大事にね、を繰り返しだが一枚二枚とガキ大将のKちゃんに巻き上げられてしまった。
こうちゃんは昭和十三年生まれ、存命なら八十歳になろうか。
ぼくは思う、香具師の大親分になってくれてたら良いのになぁ。

広告

西洋館

通学路途上にあった西洋館は朝霞町初代町長、飯倉音五郎さんの私邸で椎の大樹の屋敷林に囲まれた昼なほ暗い、物音一つ聞こえないちょっと怖い屋敷でしたが、梅雨どきのあじさいがみごとでした。
鉄製装飾門扉は錆び付き固まってい、何故か住人の姿を小学校六年間一度もみたことがなく、そのことをいいことにあじさいを折ったり、子供の握り拳ほどもあるでんでん虫を取りに立ち入りました。県道和光志木線と公園通りが交わる第二小学校入り口、南西側角でいまはマンションが建ってます。この直ぐ向かい側に一部昔の道が未舗装のまま残っています。いまは懐かしい砂利道です。

金魚釣り

庭の瓢箪池です。
弟の金魚釣りを母とマルが見ています。
仲間入りしたベリーさんが独り言のように
わたしアメリカに渡ろうかな?
母も独り言のように
それもいいけど良く考えてね……
ベリーさんが狭山の地で地元のパンパングループのリンチを受け死んだのは此の半月後の事。
わたしトニーと結婚する、、、
そしてステーツに行く、もう決めたの‼︎
と、言ってたのに……
金ちゃんの紙芝居……

観音池

観音池の湧き水は広沢、越戸地区を流れ東上線の下をくぐり越戸川に合流し根岸、台地区の田畑をうるおし新河岸川に呑み込まれます。
駅前から南栄に出る観音様の道にかかる小さ橋では水は清い流れを見せているが、その少し先では米軍基地の汚水が流れ込み、異臭を放ち水質は急激な悪化を見せ田畑に悪影響を見せたのです。
子供たちの水遊びは禁止され魚やタニシも消えた。ある時は白濁、あるいは黒油が浮き、チョコレート色の泡を立て明らかに糞尿と判る水が溢れていたのです。
金ちゃんの紙芝居……

浪ちゃん芝居

田舎まわりの芝居がやって来た。
稲荷さんの広場に小屋掛けして4、5日興行してまた何処かに向かった。
年に一度の事とて町は湧き女座長浪ちゃんに魅せられた商店主は競って花を掛けた。
お金の他にも米、炭、農家のおじさんは芋や大根、柿やたくわんと自家の農作物を舞台に山と積んだ。
勿論GIもハニーさんに連れられて何とラッキーストライクテンボツクスを贈ったのです。
これは昼間の練習風景です。
金ちゃんの紙芝居……

少年ポン引き

姉貴に言われて少年は客を引きにでて来ました。どうするか…
ただ無言を何か書かれた紙を差し出すのです。
すると米兵はアハンとうなづいたり、ノウサンキユウとかいって立ち去ります。
何が書かれていたか……
今思うと見せてもらって置けばよかつたと残念です。
少年の家は姉貴一人の稼ぎで4人が食べていたのでさ。
こんな家はまだ他にいくらもあったのです。
金ちゃんの紙芝居……

お花

Giジヨ~!お花買ってよ
通りすがりのアメリカ兵にセロフアンで包んだ23本の花を差し出す。
ハウマツチ?…いくら?
抱き上げられた幼女は笑顔で答える、ワンダラ~。
アメリカ兵は大抵余分にくれる、多い時はテンダラも握らせる。
この子は電信柱で客を待つパンパンよりも稼ぐのです。
こ綺麗にした母親は近くで幼女の糸をひく、、、
ほら!あのよっぱらつた アメちゃんのところに行きな!
金ちゃんの紙芝居

闇や

塀にかくれて米兵から洋モクを買うモンペのおばさん、盛んに値下げを求めます。
もちろんMPやおまわりさんに見つかったらブタ箱必至です。
ハニ~さんが見張りをしてくれます。
ハバハバ 犬っこ見てるんよ。
金ちゃんの紙芝居

ポスト

おかあちやんパンパンガールなの?
いい子で待っててね、そしたら支那そば食べに行こうね。
幼女は大人たちの口からおまえの母ちゃんかパンパンだろと言われたのですが
その意味がわからなかったのです。
世間からは子連れパン助と呼ばれる母子でした。
今宵もポストで早くて15分、ちょっとして30分独り星に話し掛けます。
お星さん、後でおかあちやんと支那そば食べに行くんだよ!

電報

仕送りを続けていた秋田の母親の死に、やだよ、いやだよ、
一人ぼっちはやだよ!電報を握りしめベリーさんは泣いた。
十五夜お月さんに手を合わせ肩ふるわせてベリーさんは泣いた。十ハ歳のベリーさん。
明くる年の春オンリーの黒人米兵トニーの転属で移り住んだ狭山市で土地の夜の女達からリンチをうけ、
内臓破裂で死んでしまいました、、、、、、、、
此の話は紙芝居ベリーさん奇譚で見てください。
金ちゃんの紙芝居……

ナフタリンプンプン

昭和二十三年四月八日
小学校入学式
全身ナフタリンプンプンのお父ちゃんと自転車で向う。
中折れ帽が紳士だな。
ぼくのマルがどこまでもついて来る。
“マル学校はうんと遠いんだよ”
金ちゃんの紙芝居

「汲ましてくんねえ!」

「汲ましてくんねえ!」
汚穢屋さんがうんちを汲みに来た。
小四の夏休み朝霞病院で汲みあげたばかりを二桶分、何がどうしたか中庭でぶちまけてしまった。
汚穢屋は黄金の庭両手をついて謝り、院長は大笑いだが、奥様は顔を般若顔にして怒鳴りまくった。
クーラーの無い時代、中庭をかこむ病室も職員の住まいもその臭いと蠅の大群に当分の間食事がのどを通らなかったらしい。
興味本位で見物に行ってしまったぼくもその晩、何としたこと、好物のライスカレーだったのです。だめでした。当分ライスカレーはだめでした。
※一桶八貫目、前後で十六貫を一荷と呼んで、およそ60kg前後の重量になった。米俵一表分です。
金ちゃんの紙芝居……

ぶっつけ大工の息子F・K君

F・K君は南栄にパンパン小屋をいくつも建てた、ぶっつけ大工の洋ちゃんの息子でぼくと同い年です。
家族が毎月とっていた平凡とか明星という芸能界を主としてあつかった雑誌で“君も明日は銀幕の☆”の文句につられ芸能学院入学を決めた。
面接で試験官に「若い日の林長二郎に似ているね」とスター間違い無しの太鼓判を押されたとかで一緒にいたおっ母さんは大喜びで世間にふれまわった。
それは特別入学で所定の入学金と一年分の月謝を一週間以内に治めることの条件をのんだのですが、F・Kは友達の誰よりも色白でぽってりと太り徒名は“白豚”、そいつが長谷川一夫の若き日に似ていると言われたのだから田舎の町は大驚き。
大枚を都合し、入学、数か月後には田舎臭い中学生が派手なアロハにクリーム色のズボン、白黒コンビの靴に化粧道具人揃入ったカバンを下げて歩くようになった。
当然学校は早退の日々。太い眉は富士山形に剃り、まぶたは薄青くぬり、小脇には映画の台本とやらを抱え「もうじき、映画に出るんだよ」なんて得意だったのだが。
日本舞踏だ、タップダンスだ、歌唱指導だとさらにお金がかかり、そのあまりのかかりようにとうとう洋ちゃんもおっ母さんも音をあげ、半年後、学院に出向いて相談をと思ったがすでに倒産でもぬけのから。
何でも当時の金で35万円を巻き上げられたとのことでした。大金です。
当時、六畳と三畳台所の一戸建新築で30万円で建ったのです。父が庭の一部をつぶし、貸家はの二軒これを建てたのですから間違いありません。
当時、似たような事はいくつもあったのです。芸能界で花を咲かせたいという人間を食いものにしていたのです。郷では山を売り、田を売り……、子供の為にすってんてんに成った事例はいくつもあったのです。
F・K君のその後?全くわかりません。ただ、数年後熱海の大きい旅館の舞台で裸の女を相手にいかがわしい踊りをしていっとのうわさが流れたが……もちろん確かなことではありません。
金ちゃんの紙芝居

田中精肉店その2

おじさんもおばさんも太ってい、血色もよく、いかにも肉屋さんだった。
特におばあさんはエプロンが子供用かと思える程美事なでぶです。
表通りまでラードの匂いをさせた揚げたてのコロッケやポテトフライはたとえ様もない美味、しばらくの間はお八には一ヶ五円のコロッケをねだり、紙芝居用の五円は肉屋で消えた。
望めば、おばさんはブルドックのとんかつソースかウスターソースをかけてくれたが、僕は何もつけない熱々をフヒフヒハヒハヒいいながら食べるのが好きだった。
金ちゃんの紙芝居

田中精肉店

駅前通り鈴木種苗店、種六さん前に田中精肉店が開店した。
ちんどん屋の駅前通り往復を子供達は後になり前になりして一緒に歩いた。
それまで肉屋は綿屋の坂△(縒り屋の坂?)を下り川越街道につき当る少し手前茶文の茶工場に入る細道の角、上原精肉店といふ小さな店だけです。
田中肉屋は店先の冷蔵ケースに牛豚がブロックで並び、鶏は首と羽、足がちょん切られ白いとり肌をみせている。
奥には四畳半程もあるか大きな電気冷蔵庫に太い鉤につるされ内蔵を外sれた丸ごとの牛や豚が下り、それには検査合格の印という紫色の判が押されていた。
金ちゃんの紙芝居

朝霞の湿地帯地区

浜崎・田島・内間木という目黒川左岸の新河岸川にはさまれた、どちらかといへば湿地帯地区にはいくつもの池、沼、小流れがあり、ぼく達は一時間の有をかけて水遊びや釣りに行った。が、魚と呼べる一匹でも釣り上げたことがなかった。それでも、その往き復りの何と楽しかったこと。特に中学生のガキ大将KやSが一緒だとことさらだった。
小学生の僕からみると彼等は大人だった。ラッキー・ストライクやフィリップ・モーリスやキャメルという洋モクをスープカスープカやり、米兵に倣い前歯のすき間からチッと唾を吐き飛ばした。
西瓜や真桑瓜の畑をみつければちょいと失敬し子分に分けてくれたが、時には発見され「逃げろ」で一目散。
「てめえら停車場のガキだんべ!」「こんど来やがったら撃つかんな!」と怒鳴った。現に空気銃を向けられたこともあり、停車場のガキははしっこいから気をつけろと白い目でみられ続けた。
ガキ大将Kは常に幼い者、弱い者に目を配り、追われ逃げる時に彼等をかばい、時にはおんぶをして逃げてくれたのだ。僕にとってはとても頼りになる中学生だった。
金ちゃんの紙芝居

オンリーさん親子

オンリーさん親子(米兵N・T・L、妻S・娘R子)に白百合の幹部がからみます。もちろん“ゆすり”です。この親子は一見して豊かにくらしているのが知れるからです。親子揃いの服装なぞ贅沢の極なのです。
顔に青あざを見舞われ、何がしかを脅し取られた冴子さんは、駅前派出所巡査(Oさん)に訴え出るも、パンパン同士の喧嘩は両成敗と耳も貸してくれなかったとのことで、Sさんは米兵の彼に訴えたところ、彼はMPにその旨を話したところ、直ちにMPは暴力を振るった白百合幹部を連行し、女は何日かをモモテハイツ内のモンキーハウスに留め置かれ、検診の結果性病と判断され、国立埼玉病院に入れられたのですが、彼女は一週間程毎日処方される高貴薬ペニシリン錠剤の内、幾粒から隠し、退院時にはその数十粒を持ち出し、娑婆に出て仲間のハニーに高値で売ったという話。
又、彼HさんはMPに訴えの際、Sさんの被害は無論のこと、娘R子の目の前で母が暴力を受けた際のR子の心の傷を大きく取り上げたということでした。白百合幹部の女どんな罰が下ったかは不明。
ちなみにこの母娘の衣裳は下赤塚川越街道に並んでいた中国人ドレスメーカーに注文したものです。(代価は不明だが数十ドルには間違いない)

浪ちゃん

浪ちゃん芝居がかかると必ず飛び入りでやくざ踊りをみせた南栄に居る小池さんというおぢさん。
“勘太郎月夜唄”で浪ちゃん一座も一目置く踊りをみせた。
座布団を丸め赤子にみたてたのをおんぶして「勘坊泣くんじゃねえ!」なんて小芝居もみせやんやの喝さいを受けた。
ハニーさんに連れられた米兵も“サム・サイ”の声援をおくる。
金ちゃんの紙芝居

ゆすり

オンリーさん親子(米兵N・T・LEASH、妻冴子・娘リサ)に白百合の幹部がからみます。もちろん“ゆすり”です。この親子は一見して豊かにくらしているのが知れるからです。親子揃いの服装なぞ贅沢の極なのです。
顔に青あざを見舞われ、何がしかを脅し取られた冴子さんは、駅前派出所巡査(小川さん)に訴え出るも、パンパン同士の喧嘩は両成敗と耳も貸してくれなかったとのことで、冴子さんは米兵の彼に訴えたところ、彼はMPにその旨を話したところ、直ちにMPは暴力を振るった白百合幹部を連行し、女は何日かをモモテハイツ内のモンキーハウスに留め置かれ、検診の結果性病と判断され、国立埼玉病院に入れられたのですが、彼女は一週間程毎日処方される高貴薬ペニシリン錠剤の内、幾粒から隠し、退院時にはその数十粒を持ち出し、娑婆に出て仲間のハニーに高値で売ったという話。
又、彼HEELさんはMPに訴えの際、冴子さんの被害は無論のこと、娘リサの目の前で母が暴力を受けた際のリサの心の傷を大きく取り上げたということでした。白百合幹部の女どんな罰が下ったかは不明。
ちなみにこの母娘の衣裳は下赤塚川越街道に並んでいた中国人ドレスメーカーに注文したものです。(代価は不明だが数十ドルには間違いない)
金ちゃんの紙芝居

麦畑

麦畑から突然米兵とパンパンガールが立ち上がって僕達を驚かせることがしばしばあった。畑の持ち主は倒され、踏みにじられた麦の業を煮やし鎌をふるって彼等を追い払った。「げらりひや」get out of here!
「てめえら、アメ公のまねしやがって、コンチクショー!」畳一枚程の麦が踏み倒され新聞が敷かれている。ぼくはこの二人を知っていた。駅前のある商店の若旦那と女はその近くの家政女学校に通う評判の“あばずれ娘”
農家のおぢさんは「停車場の野郎だんべ!」僕に聞く。僕は首を横に振り“知らない”を代りにした。
そしておぢさんは、「あの二人は別々の方へ走ったけんど、冷てえ野郎だいな。アメ公はよ。あくまで女をかばってよ。鎌を持っている俺に、ハイチングポオズするで。だから……アメ公っていいとこあんだいなあ」小学生の僕に聞かせるのです。
ここは西洋館(岡一丁目)近く、現五島工業の辺りです。
金ちゃんの紙芝居