白い女

駅前裏通りのK食品店の独身の主に「東京からすげえハクイ女が嫁にくる」の噂は尾鰭もついて子供たちの間に広まっていました。
「白い女」は「しろいおんな」でなく「はくいおんな」です。この人は池袋の東横百貨店(現在の東武百貨店の一部)のデパートガールで、300倍の競争率を勝ち抜いた女優並みの美人ということです。
若い女性の憧れの職場で、なにより美貌との家柄までもが問われたと聞きます。しかし、ばか騒ぎの噂も当の娘さんが嫁に来てみれば美人話は単なる噂で、子供の目にもそれは明らかでしたが、其の化粧に駅前富士見地区はびっくり仰天腰を抜かしたのです。
何てったって大きめの平べったい顔は厚塗りの白粉で真っ白、眉は時々ハニーさんにも見かけた羽ばたくカモメ型、ほっぺは日の丸に真っ赤。びっくりなのは目蓋が濃いグリーンに塗られていたことです。
東京のデパートガールの顔を拝もうじゃねえかということで、駅前の面々は老若男女、用も無いのに見に行ったのでした。
そして年寄りは「冥土の土産」と言ったのです。彼女の髪は金茶色で、男共はでれでれの若主人に詰め寄った「よお、母ちゃんのあそこも金色かよ!」
この嫁さんは確かにデパートに勤めてはいましたが、皆が考えていたかっこいい受付嬢やエレベーターガールでは無かったようです。
そして僕は思ったんです「白い」って何のこと?だって。

白い女」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中