城山の四季

 昼だよと 野辺にサイレン わらび採り

お昼になると積水化学工場のサイレンがプォーと、大音量で鳴り響きます。城山からその先の新河岸川や新盛橋までも届きました。ボクは城山に春の山菜を採りに行きました。サイレンの音に、お腹がグーと鳴りました。

 悪童が 来ると隠れる 蛇とボク

城山には蛇がたくさん住みつき、ニョロニョロと顔を出します。巳年のボクは蛇が苦手です。同級生のよし坊は蛇を捕まえ、生きたまま皮を剥ぐという残酷を平気でやってのけます。特に好きな女の子の前では張り切りました。

 友の鳩 家路辿れず 霞網

城山の中腹の一軒家には霞網があり、住人を見たことはありませんが、年中何かしらの小鳥が掛かっていました。ある時Y君の伝書鳩が網に掬われてしまいましたが、こいつは頭の悪い奴で、伝書鳩失格と捨て置かれました。

 ゼロ点の 答案ちぎり 雪空に

もうじきお正月が来るのに、算数で落第点を取ってしまいました。お年玉が気になり何よりも、お母ちゃんが悲しみます。 答案用紙を細かく破って雪空にまいてしまいました。後ろめたさから、城山にゼロ点が降りしきるように見えました。
金ちゃんの紙芝居

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中