石合戦

男の子の血のなかの闘争心が時々爆発し石合戦になって現れた。武者振いの一番緊張する遊びです。 小川をはさみ石ころを投げ合うのですが石以外はルール違反です。が、ぼくの頭を襲ったのは缶詰の空き缶、蓋の部分が頭に刺さり出血のおびただしさに餓鬼大将もアワワオロオロ、駆けつけたおかあちゃんは失神してしまったのです。ぼくは一人で朝霞病院へはしった。看護婦さんは「アメちやん(米兵)にやられたの!」を繰り返した。キヤンプのアメちやんは日本人にわけもなく暴力を振るうことが多かったからです。
傷は床屋で丸刈りにするたびに鏡に桃色の盛りあがりを見せました。このルール違反の缶を投げたのは院長の孫のUちやんだったこと、かなり後になって彼の告白によってわかりましたがUちゃんはきっと心苦しかったろうな。
その詫びだと彼は玉子丼をおごってくれた。変な話!
金ちゃんの紙芝居

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中