片目の屑屋

屑屋さんは家庭内の不要品のほとんどを買い取ってくれた。
穴の空いた鍋、釜、瓶、缶、鉄屑、古い釘…衣服のボロ等。
この屑屋は南栄からやって来たが他の人と違って金属を好んで持ち帰えった。
時には不良学生に米軍基地の射撃場から薬莢を拾って来させ、高値で買い取りを約束しておきながら、
お前らは子供だからと買い叩いたそうな。そこで中学生も一考。
街をうろつくルンペンおやぢを使い、売りに行かせたりしたが敵もさる者、
何度目かに金を持ちにげされてしまった、が中学生に追われとうとう袋叩きにされ、街から消えたのです。
片目もまた中学生たちが朝霞駅の近くの変電所に忍びこみ、大量の銅線を盗み、
それと知って買い取ったのが発覚し逮捕されたのでした。
この屑屋さんは濁点の無い言葉を使う人でした。

hyoushi
金ちゃんの少年時代発売

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中