屁っこき たけちゃん

同級生たけちゃんは、オナラをいつでも思いのままに放つことができる。
五連発六連発なんぞはお茶の子さいさい、十,十二連発もやってのけるのだが
オナラの臭気は初めの一二発だけで後は無臭、おまけにポッポッポー鳩ポッポーと音程まで変えられたのです。
登下校時、ぼくたちはニ宮金次郎像に挨拶をしますが、彼はオナラで   
サ、ヨ、オ、ナ、ラ   
をやって先生からゲンコツをくらったが先生も回りも大笑いでした。
屁っこき たけちゃんから何処で手に入れたのか、米軍機B29の風防ガラスをもらった事がある。
プラスチックの破片そのを机に擦ると甘い匂いがしたのです。

今日平成二十九年二月一二日、金次郎像は僕の第二小学校前庭に七十年前のままたっていました。
たけちゃんが懐かしいなあ。
金ちゃんの紙芝居

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中