ふがいない

原発ゼロをめぐる民進党の紛糾を見て発した小泉純一郎氏の嘆きである。推進派から豹変したライオン君子のスタンスはこの際問わないことにして、安倍政権への唯一の対抗軸として打ち出せそうに思えるのだが、支援団体に電力総連を抱える民進党は態度を決めきれない。
マスコミは連日、トランプ独裁政権の暴走と北朝鮮金正男氏殺害事件に血道をあげ、国民は聊かうんざり、食傷気味である。
注意すべきはこの大報道の陰で、着実に日本の右傾化が進んでいることである。
南スーダンへの自衛隊の派遣、共謀罪の新設、教育要領の改訂、カジノ解禁法、大飯原発再稼働…。
与野党の圧倒的な力の差を背景に、これまでの政局ならとてももたないお粗末大臣の首も繋がったままである。
防衛大臣の靖国参拝とPKOに関する詭弁、資質に欠ける法務大臣の答弁、文部科学省の組織的な天下り斡旋…、昔ならとうに内閣は潰れていた。
先の選挙で自民党を圧勝させた国民が悪いと言ってしまえばそれまでだが、右派団体「日本会議」をバックにトランプばりの独裁政治を進める茶坊主安倍晋三に国民の不安は大きい。

極め付けは怪しげな森友学園問題。国有地払い下げもさることながら、幼稚園児に明治の教育勅語と君が代を唱和させる薄気味悪い幼稚園(ユーチューブで見た)に安倍夫人が名誉校長を依頼され、安倍晋三記念小学校の名称で寄付金集めをやっていたという。本人は否定しているが、これはバブル期、知らぬ間に名前を語られ、パンフレットに理事長某として資金を集めた悪徳ゴルフ場と大差ない詐欺行為である。思い上がりが脇の甘さを招いた大失態ではないのか。野党は徹底的に追求すべし。 
田谷英浩(2017.2.28)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中