JR釜石線のオメガΩループ[東北取材旅行1]

岩手県の花巻と釜石を結ぶ釜石線90.2㎞が全通したのは1950年。それまでは北上山地の中央に聳える仙人峠(標高887m)に阻まれて、釜石西線(前身岩手軽便鉄道)と東線(同釜石鉱山鉄道)に分断されていた。両側を直結する構想は当初からあったが、技術面、財政面や戦争による中断などあって日の目を見なかった。

花巻から東へ線路を延ばして辿り着いた仙人峠の麓は標高560m、一方釜石から西へ延ばした陸中大橋駅の標高は254m。直線距離にして僅か4㎞強までに迫ったのだが、この間を貫通するには、4㎞進んで300m上るまたは下る、鉄道用語で1000分の75というかつての碓氷峠を凌ぐ急勾配が待っていた。そこで考え出されたのが大迂回ルート、つまりオメガループというわけである。

遠野を出発して釜石へ向かう列車は、5つ目の駅・上有住(かみありす)を出ると右へ右へと車体をよじるように下り始める。オメガループの入り口である。列車は短いトンネルを幾つか抜けた後、右下に陸中大橋の駅ホームをチラッと見せて長いトンネルに突入する。列車は相変わらず車輪をきしませながら、今来た道を引き返すがごとき走り方で、なおも右へ右へとループを下る。
そして数分後、列車はトンネルを抜けて、ついさっき右の車窓から見たばかりの陸中大橋の駅に到着する。自分の乗った列車が、上空から眺めていた滑走路に着陸したかのような不思議な感覚を味わう。で、これを体感したいがために久しぶりに釜石線にやって来た。
鉄道が急勾配を克服する方法には、急斜面をジグザグに往復するスイッチバック式とループ線がある。ことのついでに今もJR線に残るループ線・区間を挙げておく。

松川ループ 上越線 越後中里→土樽間
湯檜曽ループ 上越線 土合→湯檜曽間
鳩原ループ 北陸本線 敦賀→新疋田間
大畑ループ 肥薩線 人吉→大畑→矢岳間
川奥ループ 三セク土佐くろしお鉄道 若井→荷稲間
田谷英浩  (2016.11.28)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中