ゆすり

オンリーさん親子(米兵N・T・LEASH、妻冴子・娘リサ)に白百合の幹部がからみます。もちろん“ゆすり”です。この親子は一見して豊かにくらしているのが知れるからです。親子揃いの服装なぞ贅沢の極なのです。
顔に青あざを見舞われ、何がしかを脅し取られた冴子さんは、駅前派出所巡査(小川さん)に訴え出るも、パンパン同士の喧嘩は両成敗と耳も貸してくれなかったとのことで、冴子さんは米兵の彼に訴えたところ、彼はMPにその旨を話したところ、直ちにMPは暴力を振るった白百合幹部を連行し、女は何日かをモモテハイツ内のモンキーハウスに留め置かれ、検診の結果性病と判断され、国立埼玉病院に入れられたのですが、彼女は一週間程毎日処方される高貴薬ペニシリン錠剤の内、幾粒から隠し、退院時にはその数十粒を持ち出し、娑婆に出て仲間のハニーに高値で売ったという話。
又、彼HEELさんはMPに訴えの際、冴子さんの被害は無論のこと、娘リサの目の前で母が暴力を受けた際のリサの心の傷を大きく取り上げたということでした。白百合幹部の女どんな罰が下ったかは不明。
ちなみにこの母娘の衣裳は下赤塚川越街道に並んでいた中国人ドレスメーカーに注文したものです。(代価は不明だが数十ドルには間違いない)
金ちゃんの紙芝居

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中