麦畑

麦畑から突然米兵とパンパンガールが立ち上がって僕達を驚かせることがしばしばあった。畑の持ち主は倒され、踏みにじられた麦の業を煮やし鎌をふるって彼等を追い払った。「げらりひや」get out of here!
「てめえら、アメ公のまねしやがって、コンチクショー!」畳一枚程の麦が踏み倒され新聞が敷かれている。ぼくはこの二人を知っていた。駅前のある商店の若旦那と女はその近くの家政女学校に通う評判の“あばずれ娘”
農家のおぢさんは「停車場の野郎だんべ!」僕に聞く。僕は首を横に振り“知らない”を代りにした。
そしておぢさんは、「あの二人は別々の方へ走ったけんど、冷てえ野郎だいな。アメ公はよ。あくまで女をかばってよ。鎌を持っている俺に、ハイチングポオズするで。だから……アメ公っていいとこあんだいなあ」小学生の僕に聞かせるのです。
ここは西洋館(岡一丁目)近く、現五島工業の辺りです。
金ちゃんの紙芝居

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中