志木の富士山

一年生初めてのえんそくは志木のふじさん。
前の晩はなかなか寝つけなかった。新品のリュックサックと水筒とズック靴が枕元に並んでいます。
台所の母さんの音で目覚める。醤油と砂糖の煮つまったが家中に漂う。かんぴょう巻とおいなりさんが竹皮に乞まれゆでたまごがつやつやと並ぶ。
朝霞駅から志不駅まで電車。楽しくて楽しくてぼく達はおしゃべりのし通しで歩きます。
富士山はくろぼくという本物の富士山から運んだという真っ黒い石を積み上げたちっぽけな山でした。
お母ちゃんの今日も美味しい。卵もボク好みの半熟、水筒のお茶はちょっと渋かった。頂上からほくん家を水筒の方位磁石は南東を教えてくれた。
富士山はつまらなかったが、明日も遠足がいいな。
金ちゃんの紙芝居

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中