蜷川幸雄のゴールド・シアター2016(Ⅰ)

スクリーンショット 2016-07-13 11.09.19
『埼玉から発信する世界最大級の群集劇にあなたも参加しませんか!年齢を重ねて豊かになった人生経験があなたの中で眠っていませんか? 人前で演じてみたい、感じたことを叫んでみたい、思ったことを大声で言ってみたい、65歳以上の皆さん、1万人のゴールド・シアター2016にご出演ください!』

今春こんな広告が新聞を飾り、市内の公民館にはポスターが貼られ、チラシが置かれ始めた。好奇心のかたまり、何にでも挑戦しようと考えている人間にこれは無視できない。
早速応募要項を取り寄せた。それによると資格は65歳以上、稽古に10回以上参加できること、12月6日の舞台稽古と7日の「さいたまスーパーアリーナ」での公演に参加できることとある。芝居の経験の有無や、歌や踊りのレベルを問われることも無さそうなので、やってみるかの気になった。
「世界のニナガワ」の演出に触れるのも面白そうだし、なによりも1万人の群集劇って何だろうかと興味が湧く。

実は蜷川幸雄のシェークスピア劇を観たこともないし、もともと芝居にさほど関心があるわけでもない。しかしさいたま芸術劇場を拠点に高齢者劇団「さいたまゴールド・シアター」を立ち上げたこと、高齢社会の中で、演劇への市民参加の道筋をつけたことなど、80歳のこの人には大いに関心を抱いていた。

いま「さいたまゴールド・シアター」には平均年齢77歳の39人が在籍していて、海外公演までやっているという。まさか今回はそんなプロまがいの事にはならないだろうし、こちらにもその覚悟はない。要は1万人も集めて何をやろうとするのか、だいたい1万人も集まるのか、12月の本番までにはどんなことが行われるのか、そして起きるのか、そのプロセスに興味がわく。

むろんこの過程を「田谷コラム」に書くことも目的のひとつである。そういう意味では取材のための芝居体験といえそうである。

とまあ、こんな気持ちでいた5月13日、当の本人の訃報が伝えられた。逝去を報じる新聞記事の大きさにも驚くが、その中に「今年12月、一般公募の65歳以上の出演者らを巻き込んで演劇を実現させようとしていた」とあるからどうやら本気だったらしい。
しかし御大ニナガワなしではこの企画は成立せず、幻に終わるのではないかと考えていたが、数日後、主催者の埼玉県芸術文化振興財団から、蜷川氏の遺志を引き継いで開催するとの通知が届いた。

6月28日、審査結果合格の通知をもって説明会場のさいたま芸術劇場へ向かう。埼京線与野本町駅からそれらしき人たちがゾロゾロ歩いているので付いて行く。しかしどう見てもこれから芝居をやる人には見えない。敬老会に行く老人集団のおもむきである。
客席600の音楽ホールの半分が埋まって、何回目かの説明会が始まった。そこでは大群集劇をやろうとする背景、演出はニナガワ劇の脚本を担当していたノゾエ征爾氏が遺志を引き継ぐ旨の説明があり、次いで本公演に関する応募状況が報告された。

それによると1万人というのは最初から話題作りだったようで、想定は3,000人。それに対し応募者は約2,000人。女性70%、男性30%。最多年齢層は65-69歳、最高齢は90歳台3人の報告に会場はどよめく。地域別は埼玉60%、東京20%、以下神奈川、千葉、遠く北海道、宮崎、アメリカに驚きの声。

さてこの2,000人で何をやろうとするのか。主催者はシェークスピア没後400年、沙翁を土台にした新作書下ろし劇、ホンはまだできていないと言う。会場からはセリフはあるのか、動くのか、走るのか、何を着たらいいのか、メイクはありか、主役は誰かな ど矢継ぎ早に質問が出る。

でも焦ることはない。7月には14回の稽古日が設定されていて、必ず一回参加することが義務付けられている。多分そこで何らかの基準(性別、体格、声量、見栄えなど)によってグループ分けがなされるのではないか。高齢者が初対面の人たちとグループを組んで何かを演ずる過程で、化学反応のようなものが生まれることを狙っているのではないか。要は他人に見せるのが主目的ではなく、自分が変わることをニナガワさんは狙ったのかもしれない。

とまれ、これから12月7日の公演に至るまでの一部始終をこの「田谷コラム」で順次報告する。
田谷英浩(2016.7.7)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中