看板キャスター降板の裏側

安倍政権のジャーナリズムへの過剰な介入が止まらない。別動隊「放送法遵守を求める視聴者の会」はTBS批判を続け、スポンサーを揺さぶり、報道姿勢を変えさせようとする。
NHKの籾井に至っては「政府が右と言えば、左とは言えない」から更に踏み込んで、あろうことか「原発報道は政府のスポークスマンになれ」と社内に命じた。
こうなると「息苦しさ」は増しても、自主規制、忖度、萎縮はないと強がっているマスコミも所詮サラリーマン社会。メデイア幹部と政府高官、規制される側とする側が連日会食を繰り返し、密接な関係を築いていることが周知の中で、圧力に抵抗できるわけがない。
そんな積りで見ていると、最近新聞・テレビに登場する安倍晋三のシーンがやたら長すぎ、多すぎる。これなど気遣いであろうか。熊本地震の被災者慰問ショットなどは、どなたかとお間違えではないか。あれは高貴な方のお仕事ではないのかと訝る。


腹立たしいので、週刊金曜日編『テレビ現場からの告発!安倍政治と言論統制』を取り寄せる。
目次が凄い。
・内部告発!止まらない籾井体制の暴走でNHK 崩壊
・テレビを抑え込む菅義偉官房長官
・海外記者は見た!弱腰な日本メデイア
・現役テレビ局社員匿名座談会 看板キャスター降板の舞台裏
・一線を越えた安倍政権のメデイアコントロール

しかし読んでみると、既に報じられていて知っていることも多いが、“へえーやっぱりそうだったのか”と肯くところもある。

佐高信 岸井成格と安倍晋三の個人的なかかわりを言いますと、岸井は安倍晋太郎番でした。そのときに秘書で晋三がいたんです。どうしようもない秘書だったわけですね。岸井はそれをつぶさに見ていた。だから、家庭教師をやっていた平沢勝栄が安倍内閣では絶対に大臣になれないのと同じように、安倍は岸井に対して似たような屈折した感情があるんでしょう。
古賀茂明 安倍さんの幼少期や学生時代が、どういうものだったかっていうのは本当に出てきません。不思議です。
中野晃一 それだけ消したいんでしょうね。

こんな体たらくだから、海外からは「日本の報道の独立性は重大な脅威に直面している」、「政治の圧力によりメデイアは自主規制し独立性を欠いている」と指摘され、「国境なき記者団」からは報道の自由度ランキング世界180か国中の72位という不名誉な烙印を押された。

折しも租税回避地に関する秘密のファイル「パナマ文書」が公開された。過去最大の内部告発とも言われるらしいが、腐ったビジネスを止めさせたいという匿名の人物のお蔭で、これは明らかになったとされる。
内部告発と調査報道は社会を変えうる。そろそろジャーナリスト諸君の本格出番である。
田谷英浩(2016.5.2)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中