狂犬だあー

よっちゃんが喰われる――
誰もがよっちゃんは喰われた…と思ったが、犬はよっちゃんの二本の太い青葱をべろりと舐め取って去ったのでした。
よっちゃんはあまりの恐怖に気絶したのでした。そんな事があってもよっちゃんの葱っ洟はたれ続けの毎日でした。
よっちゃんは“たんきん”を起こし、あまりの恐怖にか気を失いました。
“たんきん”=我を忘れ泣き叫ぶ様な時に使った言葉ですが語源は不明です。
金ちゃんの紙芝居

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中