驕る平家は久しからず

最近の安倍政権の振舞いを見ていると、平家物語の書き出しを思い出さざるを得ない。『驕れる人も久しからず 只春の夜の夢の如し。猛き者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。』
どう驕っているかについては、マスコミが圧力をかけられながらも盛んに報じているのでここでは書かない。これから書こうとするのは安倍晋三の思考の根底を成す「憲法はGHQから押し付けられたもの」という論理が本当に正しいのかどうかを手許の軽い読み物(論文や研究書でない)から考察する試みである。

麻生和子父 吉田茂』より
―マッカーサーは占領当初の早い時期から、占領政策のひとつとして日本の憲法改正をかなり性急に進めようとしているように見えました。
―日本側で憲法改正にいちばん最初に手を付けられたのは、東久邇内閣の国務大臣をされていた近衛文麿さんでした。マッカーサーと会見した時に、民主的な憲法を制定する必要があるとのサジェスチョンを受けて、よし、そういうことなら自分がやらなくてはとお思いになってのことだと聞いています。

原彬久吉田茂』より
―新憲法作成に関する日本政府の姿勢は幣原内閣においても消極的であった。日本側が憲法改正へと傾いていったのはマッカーサーからの圧力を含めて、あくまでも他律的要因によるものであった。
―松本丞治国務相が不本意ながらも草した政府案はマッカーサーによれば、旧憲法の字句を変えた程度のものとして、GHQは日本政府案を受け取って間もなく、逆に自らの草案を日本側に手交するのである。
―GHQ民政局長ホイットニーは天皇制と新憲法の関係についてこう述べている。「マッカーサーは天皇を戦犯として取り調べるべきだという他国からの圧力から天皇を守ろうという決意を固く保持しています。この新しい憲法の諸規定が受け入れられるならば、天皇は安泰になると考えています。」
―「戦争の放棄」とともに実権なき「象徴天皇」を日本側が受け入れてはじめて「天皇制」温存が実現するのだと言うのが占領側の論理であった。

松本清張『対談 昭和史発掘』より
―新憲法の第九条ですが、あれはアメリカ側の作製ですね。天皇制については、明治憲法の字句をちょっと手直しした程度の松本案をマッカーサーが拒否して、総司令部案を交付している。その三原則の第二に「戦争放棄・軍備撤廃」があった。
―交戦権と天皇制存続とを取引したわけだ。軍部に対する幣原の怒りが「戦争放棄」を心情的に受け入れたとも考えられる。

遠山茂樹『昭和史』より
―マッカーサーが幣原首相に憲法改正を示唆し、政府が改正準備に着手しはじめると、各政党も民間団体も改正案をつくり、民主憲法を望む世論も高まってきた。
―政府の用意した改正案は明治憲法の原則をそのままにして若干の修正をした程度のものであったから、総司令部は46年2月末、新しい憲法案を政府に突き付けた。司令部の強い態度を知って、政府はこれを受け入れた。
―この草案要綱が議会に提出され、若干の修正を経たのち、46年11月3日公布され、現在の日本国憲法になった。
―マッカーサーは幣原に象徴天皇制と戦争放棄、これこそ変更することのできない二大原則であること、そしてこれのみがソヴィエトの反対を押して天皇制を維持する道であると説いた。

青柳恵介風の男白洲次郎』より
―昭和20年暮れから21年にかけて日本政府に課された最大の問題が憲法の改正問題であったことは言うまでもない。一方マッカーサーはその頃、アメリカ本国から打電された「日本の統治体制の改革」と極東委員会の発足に直面していた。
―前者は、日本人が天皇制を廃止するか、より民主主義的な方向に、それを改革することを奨励支持しなければならないという日本改革の根本方針をうたったものであり、後者は天皇制存続に反対するソ連やオーストラリアといった国々の意志を反映した決定が下されれば、マッカーサーもそれに拘束されざるを得なくなる。
―天皇制を存続させようと決めていたマッカーサーにとってみれば、一日も早く憲法改正に彼自身がイニシアテイブを取って着手せねばならない。

八幡和郎歴代総理の通信簿』より
―現実に運用されている憲法そのものの正統性を疑う勢力が政権にあるという異常な枠組みになっている。
―憲法第一条と第九条の内容はたいへん相性がいい。世界で一番長い歴史を持つ皇室が、明治維新によってアジア最初の立憲国家となり、さらに新憲法のもとで、より高度な民主主義と平和主義の象徴となっているという流れを連続的にとらえることは、この国の安定にこの上なく好都合なのであり、その正統性に疑問をはさむようなことを宰相が言うのは軽率だろう。
(2015.7.3)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中