氷川神社秋祭り

yatai

第二小学校隣りの氷川神社秋祭りぼくは急いでいる。
西洋館まで来ると風向きの加減で葛西囃子が途切れとぎれに聞こえる。
ぼくは母が持たせてくれた50円の入った蝦蟇口を握りしめ走った。
ピッピッピーヒャララ どんどんっく ピーヒャラリ 朝霞には囃子連が無かったのか祭には他所から囃子連を招いた。
前の都市は秩父の馬鹿囃子に合わせてひょうきんな踊りをみせ、それが次第に助平な踊りになって、見物のお姉さん達は顔を真っ赤にし、それを青年団の若い衆が囃したて、子供のぼく達にもわかる卑猥な言葉を声高に連発し、見物衆をわかせた。
そして祭のあと、岡(地元)の◇男と〇子 はあの晩裏の城山であれをやったと四年生の教室でも話題になったりした。女生徒も男子もだれもがあれが何なのか、ぼんやりと理解していたのです。
気色の悪い子供達だったんです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中