子どものくらし(上)

子供のくらし戦時中の防空壕はハニーさん達が住みつき、そこへ米兵が訪れます。ぼくたちも「はい、はねえ、はわゆ」カタカナで聞いた英語をひらがかで口にしてみます。

黒目川左岸、泉水の山黒目川左岸、泉水の山です。ぼくたちはのぞきに来た訳ではない。山百合の根を掘りに来たのに。山ん中は怖い程静かです。米兵もハニーさんもきっと怖いんです。ぼく達のすぐ近くに割り込んできたのです。見ないわけにはいきません。

ガキ大将ぼくたちにもテリトリーはあった。少しでも侵そうものなら、どこからともなく現れたガキ大将とその子分、「まてえ!停車場の奴だんべ。どこいくんだ。通してやっから50円だせよ!」で、ぼくは恐ろしさに負けてしまうのです。そして半べそをかいちゃう。

ラジオ体操会夏休みラジオ体操会。中学を終わったばっかりのパンパンのお姉さんも加わります。越中ふんどしは、たばこやのおじさんです。いつもうんこで汚れた手拭いで仕立てた越中でした。

朝霞第二小学校の運動会運動会は秋にきまってます。入場門も万国旗も全てぼくたちの手作りです。キュロットスカートは、ぼくのあこがれ都築先生。写真機のおじさんは南栄の谷合写真館主で、遠足も学芸会も臨海学校も何んでもついてきて、写真を撮って下さいました。ぼくの小学時代の写真はみな谷合さんです。まだカメラなんてお金持ちの道楽でした。

松光山東圓寺はお不動さんの滝松光山東圓寺はお不動さんの滝の昼と夜。 ぼくたちは滝を浴びますが、あまりの冷っこさにちんちんが体ん中へ めりこんじゃいます。 歯の根が合わず、みんな「あわわわ、あわわ」 蛍がとび交います。 中学生のお兄さんに連れられ蛍狩りも、ぼくたちは、のけもので、 お兄さんはのぞきに精を出します。 お堂裏からは、LAXとCigarが香ってきます。 中学生は忍者のように匍匐前進です。 蛍を握ったぼくの手は汗ばみます。

大工の洋ちゃん大工の洋ちゃんは虫とり名人。 ぼくを”自転車のけつ”にのっけて遠方まででかけ、 当時すでに珍しかった、くわがたを手にした。 昼は母の持たせてくれたおむすびに手はつけず、やはり母の持たせた 一升瓶の酒をらっぱのみし、 「お~う、おっぱらったぁ」とぼくを酒匂い体で抱きしめてくれた。 そしてぼくの言うことは全て聞き入れてくれた。 大好きなおじさんです

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中