上野東京ライン

IMG_6949

3月14日のJRダイヤ改正時、首都圏に3.6㎞の新線が開業する。その名は「上野東京ライン」。上野駅を起点、終点としていた宇都宮線、高崎線、常磐線が東京駅、品川駅まで乗り入れ、さらに東海道線の小田原、熱海、沼津まで直通運転するというビッグ・ニュースである。
同日開業の北陸新幹線ばかりが目立つが、首都圏の住民にとっては開業の意義こそ違え、その利便性、快適性において待望の新線誕生である。
かつてのサラリーマン時代、通勤時の上野‐東京間の混雑率は全国鉄道路線の中で常にトップ、つまり最悪であった。東北方面や常磐方面から満員の中距離電車で到着した乗客は、上野‐東京間の山手線、京浜東北線の中で、もう一度エネルギーの消耗を余儀なくされた。新聞を読むどころか、腕の上げ下ろしもままならない通勤地獄。痴漢行為などはやりたくてもできないほどの混みようであった。
当時に比べると人口減少、車両の改良、新線の開業などもあって、混雑率は幾分低下傾向と聞くが、この新ラインの誕生はビジネス街に急ぐ者にとっては有難い。俺の在職中にこうなっていたらと悔やむOBを何人も思い出す。

2001年の「湘南新宿ライン」は首都圏交通網に選択肢を増やしたが、今回の「上野東京ライン」は利便性において、経済効果においてそれを遙かに凌ぐ。東京一極集中が取り沙汰される中、これは将に「東京駅一極集中」である。しかしこれまで耐えてきたサラリーマン、OLへのプレゼントと理解したい。

ところでこんなにいい話なら何故いままで進まなかったのか。随分昔のことになるが、東京駅発の準急「日光」という列車を見た事があるし、鉄道博物館で名古屋発八戸行(東海道、東北経由)という変なサボを実際目にしたこともある。しかしこれは特殊な例外か記憶違いで、何の疑いもなく東北方面へのターミナル駅は上野であると信じ込んでいた。だいたい頭端式(行き止まり)の上野駅の構造を見れば、上野‐東京間に国電以外の線路が無いのは明らかだし、東北新幹線や上越新幹線でさえ、当初の始発駅は大宮であった。後に上野まで来たが、まさか本気で東京駅まで引っ張ってくるとは思わなかった。
現にその後の、山形、秋田、長野の各新幹線開業に伴う用地問題を知る限り、上野‐東京間に在来線を敷く余地は全くなかった。
それを埼玉県の長年にわたる強い要望とJR東日本の熱意が総事業費400億円を投じて新幹線線路の上に「上野東京ライン」を実現させた。

さてJR東日本はどんな運行形態を考えているのか。発表されたダイヤを覗く。

・新前橋→熱海 217㎞ 4時間
・宇都宮→熱海 215㎞ 3時間50分
・小金井→伊東 4時間
・土浦→品川  1時間20分

1

2

3

これら宇都宮線、高崎線、常磐線の大半の列車が上野駅、東京駅をともに通過駅にしてひたすら先を急ぐ。前橋から熱海まで各停で行く乗客が沢山いるとは思えないが、列車を車両基地や電車区で滞留させないためには線路の続く限り先へ行かせようとするのだろう。ことのついでに「各停最長列車」を調べてみた。
・岡山→新山口 316㎞ 5時間45分。これが最長、次いで、
・滝川→釧路 308㎞ 8時間

米原発姫路行きなど、JR西日本は特急券の要らない快速列車を頻発させているが、JR東日本もこの面で漸く追いついた。(2015.2.25)

スクリーンショット 2015-03-01 08.23.49

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中