2014年後半の映画から

poster2

WOOD JOB! 2014矢口史靖
寡聞にして公開時(5月)、この作品を知らなかった。秋になって二本立ての一本として見たが、久しぶりに見る日本映画の快作。
草食系男子が一転筋肉系に変身する過程を笑いと興奮で描く林業エンタテインメント。『スウイングガールズ』、『ハッピーフライト』を撮った矢口史靖監督だけのことはある。
ケイタイは圏外、コンビニはゼロという今の男子ではとても生きられそうにない環境の中、主人公は野蛮な村人や過酷な林業に耐え兼ね、逃走を企てるものの、次第に野趣あふれる田舎暮らしに魅かれてゆく…。
三重県の山奥、美杉村でロケしたというCGなしの土臭く、泥臭い画面がいい。クライマックス、千年檜を伐り倒した御神木を木製レールで滑らせる、土地のお祭りシーンが圧巻。この作品もっと評価されていい。

2014092

ジャージー・ボーイズ Jersey Boys 2014米 クリント・イーストウッド
この数年に見た音楽映画では一番。
『シェリー』などをヒットさせた「ザ・フォー・シーズンズ」の実話であり、ブロードウエイの人気ミュージカルの映画化という。
下積み時代から栄光の座へ、その間の仲間割れ、挫折、家庭の崩壊など展開は類型的なのだが何かが違う。そこを分析できないのは口惜しいが、イーストウッドの腕か。
ラスト、マフィアのボスも床屋の親父もミュージカルの舞台さながらに登場するシーンは見事。思わず身を乗り出す。舞台と映画が融合した傑作と言えよう。
boyhood-poster

6才のボクが、大人になるまで。Boyhood 2014米 リチャード・リンクレイター
“本年度アカデミー賞最有力!”の惹句に偽りはない。6才の少年が大学に入り巣立つまでの12年間を、実際に12年かけて撮影した実験的作品。同じ役者とスタッフが毎年集まり、数日かけて撮りあげたという。それを12年間続けた。少年は成長し、父も母も、その再婚相手たちも自然に老けてゆく。見ている者は、本当の家族の日常を見ているのだと信じ、それぞれの人生に入りこみ、怒り、嘆き、共感する。格別ドラマテイックな展開も吃驚するような出来事も起きない。ただ少年が若者に成長する過程を一緒に見届ける…。そんな力みのない傑作である。(2014.12.23)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中