富士見商店街(下)

畑は遊び場畑という畑は子供達の遊び場でした。所々に室(ムロ)と呼ばれる穴が掘られていて落ちてしまうことがありました。室の中は種芋やら麦わらが入っていてそうした訳が決まってでっかいガマガエルがいたんです。

室畑という畑は子供達の遊び場でした。所々に室(ムロ)と呼ばれる穴が掘られていて落ちてしまうことがありました。室の中は種芋やら麦わらが入っていてそうした訳が決まってでっかいガマガエルがいたんです。

コエダメまた畑には”コエダメ”と呼ぶのがあって大きな材角やらコンクリートで作られてたものが埋められ農家のおじさんが近所から集めた”オワイ”(くそ、小便)を入れて寝かせているのですが、時々遊びに夢中で落ちる子がいました。これは部屋代を浮かせるため麦畑へ米兵を連れ込んだパンパンの目の前でGIがたっぷりの”コエダメ”に落ちてしまったのです。現岡1丁目で学校帰りに目撃したものです。

コーモリ傘雨の日はゆううつです。傘が必ず盗れたのです。初めは黒いコーモリ傘で東京のおばあちゃんが、くれたもので大切にしてたもの。次からは安い唐傘という紙と竹で出来たもの。それは全て盗まれます。当時雨の日でも傘もなく通学の子も多かったので仕方ないです。業を煮やした母は家業のせんべい屋で客に貸し出す屋号入りの大きな番傘を持たせるのですが、それすら盗まれたのです。女の子は芋の葉を傘にしてます。下駄は歯の高い雨の日用のものです。

甘えっ子ただ雨の日の良いことは母の膝で絵本を読んでもらえることです。入学前から繰っていたもので、3年生になっても続いていました。ある時友達に見つかって”甘えっ子”が広められました。僕の好きなのは横山隆一の”ふくちゃん”田河水泡の”のらくろ”宮尾しげをの”日の丸旗之助””○□サン・ゝ助サン”です。

うんてい秋が来て運動会が近くなると体操時間はその練習に当てられます。女のかは黒いブルマー男の子はズボンを脱いだだけの普通のキャラコのパンツですが運動会の日は新しいパンツになりました。僕は運動が得意でしたが、ただひとつ”うんてい”というのが苦手です。上手に体をふって次に進むことが出来ませんでした。男の子は運動会でも裸足でした。せいぜい裸足足袋をはきますがすぐ破れ結局は裸足が一番丈夫なのです。ちなみに母は近所の女の子にブルマー製ってやっていましたがその型紙に”女子運動用黒布襞入裁着袴”とあります。

おびとき第二小学校に隣接する、岡氷川神社のおびとき(七五三)風景です。休み時間になるとぼく達は宮参りに来た人の先にかけ寄り赤飯、みかん、飴、まんじゅう等々配ってもらいました。米兵の服をまねた祝い着のこどももいます。中央の大樹はいちょうで子供が四、五人手をつないでやっとかかえられる程のものでした。夏はこの下で授業をすることもありました。教室は扇風機も無かったのです。

すずめ10円秋になると雀は大いに太るのです。それをこんな仕掛けでつかまえ。大人の酒の肴にしますがざるには入るのですが、いざ手を入れてつかまえる時に100%逃げられました。この雀を一羽いくらで買い集めるおぢさんがいたのです。確か10円とか20円だったと思います。一杯飲み屋には”すずめ焼き”といふものあって100円近い価だったようです。コッペパン1コ10円、納豆同じく10円の頃です。

富士山に届け冬が来て……冬休みになって、ぼく達は凧あげに興じます。竹を細かく割いて家族で作る人もありますが、僕は第二小前の駄菓子屋、文房具を商う「けんちゃん」「かくちゃん」でかいました。商店街の裏手の畑に出れば西南の方に富士山が見えいくつもの凧が富士山に届けとばかりに上がりました。パンパンも米兵も一緒に揚ました。この町のパンパンはぼく達とも顔見知りで誰一人パン助なぞと蔑む子なぞありません。「お姉さん」と呼びました。僕たちはお姉さんとも米兵とも仲良しでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中