跡地利用検討の時代 1986年~2014年

戦後に残ったノースキャンプの跡地利用について、市民参加による検討を実施。
しかし、国家公務員宿舎朝霞住宅を巡る混乱が起こり、翻弄される。
平成24年11月4日、「朝霞の森」の暫定利用が開始される。

asaka
朝霞市の情勢
toujo
東上線
n
ノースキャンプ 現在の川越街道より北側、朝霞市役所手前までの敷地
s
サウスキャンプ 川越街道より南側、現在朝霞自衛隊駐屯地
man
まちと暮らし

 

1986年 昭和61年
asaka
2月1日:朝霞市行政改革大綱策定
第2次朝霞市総合振興計画基本構想策定
広沢土地区画整理事業の事業決定
n
2月14日:ノース・キャンプの全部返還。米軍通信施設返還により、朝霞市内から米軍基地がなくなる

1987年 昭和62年
asaka
6月:「大口返還財産の留保地の取扱いについて(留保地答申)」で基本的考え方が示
される
toujo
8月25日:東上線・有楽町線相互乗り入れ開始
n
10月31日:市立図書館開館
man
4月:市制20周年記念映画「朝霞わがまち、新たなるふるさと」作成

1990年 平成2年
asaka
10月:朝霞市役所一部の業務を除き毎月第2・第4土曜日閉庁

1991年 平成3年
asaka
4月1日:市の行政組織機構を再編整備
10月23日:市政提言者制度「朝霞 ″みらい会議21″」発足

1992年 平成4年
asaka
10月17日:市政提言者制度「朝霞 ″みらい会議21″」から提言書が提出される
12月10日:市の花デザイン、イメージ標語決定
n
8月:朝霞中央公園陸上競技場の改修が完了

1993年 平成5年
asaka
8月:環境パトロールに電気自動車を購入
8月21日:総合防災訓練実施

1994年 平成6年
s
11月:市ヶ谷駐屯地への防衛庁本庁の移転計画に伴い、東部方面総監部は朝霞駐屯地に移駐。
man
市内循環バスの運行開始
11月1日:消防新庁舎が完成、業務開始

1995年 平成7年
asaka
4市の公共施設の相互利用開始

1996年 平成8年
asaka
1月15日:第3次朝霞市総合振興計画基本構想を策定

1998年 平成10年
asaka
1月15日:4市消防が広域化「朝霞地区一部事務組合埼玉県南西部消防本部」発足
man
10月1日:市民会館「ゆめぱれす」オープン

2001年 平成12年
asaka
4月13日:朝霞市・志木市・和光市・新座市合併協議会を設置
5月:朝霞市基地跡地利用計画の策定(留保地答申の基本的考え方に則り、8つのゾ
ーニングを行うなどの市独自の土地利用構想を決定する)

2002年 平成13年
s
4月:国民に対する総合的な広報施設として、朝霞駐屯地に陸上自衛隊広報センターが開設

2003年 平成14年
s
4月:国民に対する総合的な広報施設として、朝霞駐屯地に陸上自衛隊広報センターが開設

2004年 平成15年
asaka
4月17日:朝霞市・志木市・和光市・新座市の合併の是非を問う住民投票実施
6月20日:住民投票の結果4市合併協議会で4市合併を非と決定
6月30日:4市合併協議会の廃止を市議会で可決
7月:「大口返還財産の留保地の今後の取扱いについて」通達(従来の「原則留保、
例外公用・公共利用」の基本的考え方を「原則利用、計画的有効活用」に転換)
10月1日:4市合併協議会を廃止
10月1日:朝霞市・志木市・新座市任意合併協議会を設置
man
2月25日:市内循環バスがCNGノンステップバスに変わる

2005年 平成16年
asaka
3月:第7次住居表示整備実施(青葉台)
3月:基地跡地利用計画書の見直し結果の公表
6月:基地跡地見学会及びアンケートの実施・市民意見募集
10月1日:朝霞市・志木市・新座市任意合併協議会を解散
○第4次朝霞市総合振興計画基本構想を策定
11月:朝霞市基地跡地利用計画見直しのための「朝霞市基地跡地利用計画策定委員会」
の立上げ(~H18.12 まで全18 回開催:委員数15 名)
man
10月24日:市内循環バス新路線の運行開始
11月7日:第59回国民体育大会の軟式野球競技を中央公園野球場で開催

2003年 平成15年
asaka
4月17日:朝霞市・志木市・和光市・新座市の合併の是非を問う住民投票実施
6月20日:住民投票の結果4市合併協議会で4市合併を非と決定
6月30日:4市合併協議会の廃止を市議会で可決
7月:「大口返還財産の留保地の今後の取扱いについて」通達(従来の「原則留保、
例外公用・公共利用」の基本的考え方を「原則利用、計画的有効活用」に転換)
10月1日:4市合併協議会を廃止
10月1日:朝霞市・志木市・新座市任意合併協議会を設置
man
2月25日:市内循環バスがCNGノンステップバスに変わる

2004年 平成16年
asaka
3月:第7次住居表示整備実施(青葉台)
3月:基地跡地利用計画書の見直し結果の公表
6月:基地跡地見学会及びアンケートの実施・市民意見募集
10月1日:朝霞市・志木市・新座市任意合併協議会を解散
○第4次朝霞市総合振興計画基本構想を策定
11月:朝霞市基地跡地利用計画見直しのための「朝霞市基地跡地利用計画策定委員会」
の立上げ(~H18.12 まで全18 回開催:委員数15 名)
man
10月24日:市内循環バス新路線の運行開始
11月7日:第59回国民体育大会の軟式野球競技を中央公園野球場で開催

2005年 平成17年
asaka
11月:朝霞市基地跡地利用計画市民懇談会発足(~H18.12 まで全18 回開催:参加者数100 名)

2006年 平成18年
asaka
3月:全員協議会で国家公務員宿舎の移転候補地である旨を説明
12月:朝霞市基地跡地利用基本計画最終報告が市に提出され、宿舎建設に反対

2007年 平成19年
asaka
4月:朝霞市基地跡地整備計画策定委員会の開催(~H19.12 まで全8 回開催)
12月:朝霞市基地跡地整備計画書が市に提出される
toujo
8月:朝霞駅南口広場完成
s
3月28日:朝霞自衛隊中央即応集団を新編
3月:自衛隊体育学校にスポーツ科学科を新設
man
5月:市民段田による国家公務員宿舎建設反対署名運動が始まる
12月:国家公務員宿舎建設反対署名30,809筆朝霞市長に提出

2008年 平成20年
asaka
市に提出される
1月:基地跡地整備計画に関するパブリックコメントを行う。
4月:朝霞市基地跡地利用計画書作成
toujo
4月:朝霞駅東口広場完成(広場完成に合わせて北口より名称変更)
6月14日:東上線・副都心線相互乗り入れ開始
man
8月1日:「深井戸天然水朝霞の雫」の販売を開始

2010年 平成22年
asaka
4月:基地跡地公園・シンボルロート整
備基本計画策定
「基地跡地公園・シンボルロードに係る植生調査および生態系調査等委託業務」において歴史的遺構の調査を実施
man
朝霞の公園で楽しみ隊発足
(先進事例の視察を行い、基地跡地公園の運営手法を学ぶ)

2011年 平成23年
asaka
7月31日:調査結果をについて市民向け報告会を実施(映像「キャンプ・ドレイクがあった頃」(製作:早稲田大学佐藤洋一教授)の上映)
11月22日:朝霞市議会中止要請決定、市長と市議会副議長が財務大臣あてに事業中止の要望書提出

2012年 平成25年
asaka
8月9日:旧国家公務員宿舎予定地の管理委託契約を国と朝霞市で締結
【歴史勉強会】
1月29日:第1回 基地跡地の歴史勉強会(講師:有永克司氏)
3月17日:第2回 基地跡地の歴史勉強会(講師:有永克司氏)
11月18日:第3回 基地跡地の歴史勉強会(講師:金子眞氏)
【基地跡地暫定利用広場】
9月2日:現地見学会開催
9月15日:第1回 基地跡地暫定利用広場管理運営準備会議(利用の仕方、ルールの検討)
10月13日:第2回 基地跡地暫定利用広場管理運営準備会議(広場憲章、利用ルールの決定)
12月2日:第3回 基地跡地暫定利用広場管理運営準備会議(利用状況の把握、ルールの改善の検討)
n
11月4日:基地跡地の一角(約3ヘクタール)に「朝霞の森」(公募による命名)完成、オープンする

2013年 平成25年
asaka
【歴史勉強会】
1月12日:第4回 基地跡地の歴史勉強会(狭山市博物館視察)
3月17日:第5回 基地跡地の歴史勉強会(伝え方ワークショップ)
8月11日:第6回 基地跡地の歴史勉強会(2つのプロジェクト検討)
9月28日:第7回 基地跡地の歴史勉強会(2つのプロジェクト実施計画)
12月21日:第8回 基地跡地の歴史勉強会(2つのプロジェクト実施)

【基地跡地暫定利用広場】
2月10日:第4回 基地跡地暫定利用広場管理運営準備会議(利用状況の把握、ルールの改善の検討)
3月24日:第5回 基地跡地暫定利用広場管理運営準備会議(利用状況の把握、ルールの改善、組織づくりの検討)
3月24日:第5回 基地跡地暫定利用広場管理運営準備会議(利用状況の把握、ルールの改善、組織づくりの検討)
5月18日:第6回 基地跡地暫定利用広場管理運営準備会議(利用状況の把握、組織づくりの検討)
7月14日:第7回 基地跡地暫定利用広場管理運営準備会議(利用状況の把握、ルールの改善、組織づくりの検討)
9月22日:第8回 基地跡地暫定利用広場管理運営準備会議(利用状況の把握、ルールの改善、組織づくりの検討)
s
3月26日:朝霞自衛隊中央即応集団キャンプ座間に移転

man
10月:市民による歴史調査開始(基地があった当時を知る方への聞き取り、年表作成)
11月9日:朝霞の森オープン1周年記念イベント開催
11月9日:第1回 朝霞の森運営会議開催(市が主導の検討会議(管理運営準備会議)から、市民主導の検討会議(朝霞の森運営会議)へと移行)

広告